せふれが既婚の場合、その関係はハイリスクになります。また独身であっても、特定のパートナーがいる場合は少々厄介です。いずれの場合も、本来のパートナーにあなたの存在が知れれば、間違いなく揉め事に発展します。

しかしせふれと交換した連絡先が限定される(メールアドレスや某通話アプリIDの)場合は、そこまで心配する必要ありません。これらアドレスから個人を特定することは、非常に困難のためです。

ただし、例外もあります。メールアドレスやIDを個人ブログやSNSで公開しており、それに併せて私生活に関する情報を掲載している場合は、足が付きます。上手い人であれば個人でも特定が可能ですし、それらを生業とする人に依頼するという選択肢もあります。

こうした捜索から逃れるためには、事前の準備が必須です。せふれと交流する際には、せふれ専用のメールアドレス・IDを用意し、それを伝えましょう。出会い系に関する攻略サイトでアドレスの使い分けが大切だと言われるのは、この点も考慮してのことです。

既婚・恋人有をせふれにするメリットはあるか?

そのせふれの価値観によっては有ります。

例えば、家庭を第一に考える価値観。せふれに求めるのは一時の息抜きと刺激であり、それ以上はありません。こちらの私生活には一切の興味を示さず、セックスをする時以外は他人です。そのため恋愛に発展することは皆無であり、面倒な痴情を抜きに関係を築けます。

また完全フリーの独身と比較すると、異性というものをよく理解しています。そのため、ストレスなく交流することが可能です。

自衛の必要性

出会い系サイトと同様、せふれサイトを利用する際にも“悪徳業者”を警戒せねばなりません。怪しげなサービスは利用しない、やたら積極的な女性は信用しないなど、自衛は常に必要です。

登録の前には規約をチェック

規約の中に「提携サイト」に関する記載があれば、登録を控えるべきです。出会い系・せふれサイトにおける提携先は殆どが有料サービスであり、且つ定額制(ログインせずとも料金が発生するタイプ)です。退会手続きが複雑なことも多く、それも併せてトラブルが多発しています。

積極的な女性はサクラを疑う

性欲を持て余す女性であっても、最低限の警戒心は持ち合わせています。そのため「すぐにでも会いたい」「××したい」をはじめ警戒心を感じさせないメッセージが届いたなら、サクラを疑いましょう。

また他せふれサイトのアドレスが添付されたメッセージは、100%サクラです。大抵は有料サイトなので、アクセスしてはいけません。

またせふれ個人に大しても、自衛は必要です。

援助交際の危険性

世間で当たり前に行われる援助交際は、売春であり犯罪です。また行為の機会・回数は、性病を罹患する確立を表します。社会的にも肉体的にも危険性の高い相手であり、関わるべきではありません。