パートナーがいればセックスに困らないと考える人がいます。なかにはセックスがしたいために、パートナーを作る人もいるでしょう。

しかし現実は酷です。パートナーがいても、自分が望むままにセックス出来ることは殆どありません。同意を得ずに行為をすれば、それは強姦です。互いに未婚であれば犯罪として訴えることが可能であり、夫婦間であってもDVとして立件できます。

そもそもパートナーとのセックスは、快楽よりも“愛情の再確認”を目的としたものであり、性欲の解消は二の次として扱われます。特に女性はこの傾向が強く、愛情のないセックス=悪と捉える人も少なくありません。

面倒事を避けたいのであれば、たとえパートナーがいてもセックスを外注するべきです。せふれ(セックスフレンド)を作れば、これらの悩みを一刀両断できます。

せふれとは、セックスのみを目的とした関係です。未婚同士・未婚と既婚・果てには既婚同士と間柄は様々で、また異なる世代であることも珍しくありません。

基本的に、目的・性癖が一致すればそれ以外の条件は重視されず関係が成立します。セックス以外の場面は他人=干渉しないため、金銭感覚が異なろうと、性格が不一致だろうと、特に問題は生じません。

不思議なことに、セックスを外注すると、本来のパートナーとの関係が改善される傾向があります。これは、性欲を発散することで精神的な落着きを得られ、余裕を持って接することができる様に成る為です。

なおパートナーを持ちながらせふれをつくる際には、メールをはじめ交流の履歴にご注意ください。不要な履歴は削除し、必要であればパスワードを設定しましょう。

おすすめは、端末に履歴を残さないwebメール(メーラー)です。ただしログイン状態のままでは意味がありません。毎回ログアウトし、誰にも閲覧されない状態を徹底しましょう。

ブログでせふれゲット?

せふれの探し方は多々あります。

王道は出会い系サイト・せふれサイトの利用です。会員が多いサイトほど選択肢が広がり、出会いの可能性も高くなります。しかし、それらは同時にデメリットでもあります。目立った活動を続けなければ会員の目に留まることなく、存在が埋もれてしまいます。

もし、出会い系サイトやせふれサイトが合わないと感じた場合は、個人ブログの活用も一つの手です。

個人ブログも行動力=成果

成果を得るプロセスは、出会い系サイトやせふれサイトと同様です。行動力が、そのまま成果に反映されます。

まずは閲覧者を増やしましょう。基本は、定期的な更新です。毎日でなくとも構わないので、一定の間隔で日記を公開しましょう。同じジャンルのブログにコメントを残し、自身のブログに誘導することも効果的です。

ブログランキングへの参加は必須ではありません。何故なら、アクセスアップが見込める順位は1位~10位前後に限られる為です。

それよりも、個人ブログ同士の相互リンクが効果的です。『信用するブロガーが認めたリンク先(ブログ)』というお墨付きが、アクセスアップに繋がります。

写真画像をアップロードする注意点

デジタルカメラ・ガラゲー・スマホ問わず、設定によってはGPS情報が付随されます。アップロード前には、これら情報が付随されていないか、されているのであれば削除を行いましょう。

写真画像が原因で身元が割れることは、決して他人事ではありません。